借金 地獄 脱出

多重債務の借金地獄

借金に悩んで落ち込む男性

借金を返済できなくなり
毎日が地獄のような苦しみの連続

 

しかし誰にも知られずに
脱出する方法はあります

 

 

現在のあなたはどんな状況でしょうか。下記にいくつか考えられる例をあげてみました。

 

 

 

  • 借金をたくさんのカードローン、消費者金融からしてしまい、多重債務の状態になってしまった。どのカードもすでに借入限度額まで借りてしまい、さらに返済もまったくできないという現状。
  •  

  • 毎日、毎日借金のことで頭がいっぱいで、他のことが考えられない地獄のような日々が何年も続いている。
  •  

  • 月々の給料は家賃と僅かな生活費を残して、ほぼそのまま右から左に返済のために消えていき、自分のためになんかお金を使えない現状が続いている。
  •  

  • 借金地獄という底なし沼のまっただ中に落ち込んで脱出できず、もがき苦しむ日々が続いている。
  •  

  • そんな状況になってしまったが後の祭り、なんとかこの地獄から誰にも知られずに抜けだす方法はないものだろうか。

 

 

実を言うとここに書いてあることは、全部私のことなのです。私は消費者金融、信販会社、銀行などの貸金業者から次々と借金を重ねてしまい総額350万円の多重債務の状況に陥ってしまいました。

 

こんな私からのアドバイスなんて聞きたくない、言われたくないとは思いますが、たった一つだけ聞いてください

 

あなたがこんな状況になっているのならとにかく一人で頑張りすぎないで人に相談することがおすすめです。

 

こんなことは誰にも知られたくない、話したくない、という気持ちもわかりますが、私が言っているのはその道のプロである弁護士、司法書士への相談です。彼らはあなたの状況を聞いて最適の方法を提案してくれます。

 

もちろん弁護士や司法書士も仕事ですし、自分が受任(債務整理を任されること)できれば、ということで無料のアドバイスをしています。しかし、私も彼らによって借金地獄から脱出できたひとりであることを付け加えておきますね。

 

 

匿名・無料でいちばん手軽にできるおすすめのメール法律相談は下記のリンクから

 

カードローンによる借金地獄を体験しました

引きつっている表情

カードでお金を借りることが自分のお金を引き出しているような錯覚を起こしていたのです。

 

それまでは、いくつものカードローンを使って多額のお金を借りて、いわゆる借金地獄に落ちてしまう多重債務者は、ギャンブル依存症とか買い物依存症だとかの病的な人がそんな状況に陥ってしまうものだと思い込んでいました。

 

まさか、この自分も多重債務者になりカードローン地獄に陥ってしまうなんて思ってもみなかったのです。
確かに自分には昔からお金にだらしないところはあったと思います。
ですから借金地獄に落ちてしまうのは遅かれ早かれ、時間の問題だったのかもしれません。

 

 

 

普段から贅沢をしているわけじゃないのですが、ケチケチするのが嫌な性分で、使う時にはパーッと使ってしまうんですよね。
宵越しの銭は持たぬ、みたいな、それがカッコイイと思い込んでいて・・・・・ 全くとんだ勘違いというやつです。

 

ですから金欠の時にだって、必要となればカードで借りてまで、飲んだり騒いだりおごったり・・・完全に馬鹿ですよね。
そのマイナス分をすこしでも補うためにと始めたサイドビジネスがあるのですが、結局それが借金地獄への決定打となってしまいました。
でも最初の頃はまだ月々の返済が滞ることがなかったので自分がしていることの危険性に気づいていなかったのです。

 

 

 

段々とカードローンで借金している、という感覚が薄くなってきて、まるで自分のお金を口座からおろして使っているような錯覚を起こすようになってきていたのです。

 

後で聞いたのですがカードで借金を重ねる人って、一度はこの借金感覚がマヒする状況になっているようですね。

 

 

 

そのうちに出費が重なって、返済が苦しくなってきた時についつい新しいカードを作り、そこから借りて返すということを始めたんです。いわゆる自転車操業というやつ。

 

今思えば、そこがターニングポイントだったのかも知れません。

 

あとは、どんどん同じことの繰り返し、地獄への転落がが始まりました。

 

1枚また1枚と新しいカードを作っては借りて、返済が苦しくなるとまた借りて返済分にまわす、まさに地獄の連鎖ですよね。

 

 

おまとめローンと返す方法

お金を返せずに悩む男性

複数の業者からの借金をひとつにまとめることができる「おまとめローン」が多くの銀行系の金融機関にあり、できれば利用したいと考えた方もいるのではないでしょうか?

 

利用できれば毎月の返済額を現在よりも低く抑えながら、利息も低くなるし返済しやすくできる、というものですね。

 

しかし、もしすでに借金の滞納が始まっていたり、何度が返済が滞っているとすれば銀行などの「おまとめローン」の利用はむずかしいと考えたほうが良いでしょう。

 

「おまとめローン」は扱っているのが銀行系であり、年収の3分の1までという総量規制の枠も関係ないせいもあって、かなり貸付条件が厳しいのです。
すでに滞納しているとか、過去に返済が滞っていたことが信用情報として流れていれば審査が通ることはありません。

 

利用できるのは返済できない状況になる前の早い段階で先手を打った方限定と考えたほうが良いです。

 

 

 

返済不能になった、またはなりそうな場合の対策にはその他にもいくつか考えられます。具体的な借金地獄脱出の方法をいくつか上げます。
それぞれにリスクがあり脱出までに必要となる期間もまちまちですが、あなたに無理なくできる方法を選んでなるべく早く借金地獄からの解放を目指してください。

 

親に借りる

もし可能であれば親(またはそれに準ずるお金を借りられる人)に頭を下げて、まとめて立て替えてもらい一括返済できればベスト。大事なのは一括返済すること。その場しのぎで今月分だけを借りる、と言うのは必ずまた同じ状況になってしまうのでダメです。立て替えてもらったお金はなるべく早く返し、同じことを繰り返さないのはもちろんです。

 

アルバイト、副業で稼いで返す

現状の収入では返済できない額の借金返済法としては王道というか、真っ当な方法と言えます。自力で返すのですから後ろめたいところがない方法ですよね。
しかし忙しいサラリーマンとしてフルタイムで毎日遅くまで働いている人にとって現実にはとても困難な方法といえます。

 

債務整理など

つまり法的に解決していくこと。借金の額が大きい、収入の増加が見込めない、また上記の2つの方法で返済できない場合はこの選択肢があります。

 

現実にはこういう立場の方が一番多いのが事実です。
返済のメドが立たない場合は借金問題に強い弁護士に相談して今後のアドバイスをもらうのがいいでしょう。
現在はほとんどの法律事務所で無料で相談に乗ってもらえます。

 

匿名・無料でいちばん手軽にできるメール法律相談はこちらです

 

 

 

注意の画像

ヤミ金の被害にあっている方へ

 

一般的な法律事務所、司法書士事務所ではヤミ金被害に対応していない事務所がほとんどです。
ヤミ金被害こそ本当の借金地獄といえます。以下のヤミ金被害救済を行っている実績豊富な事務所に相談されるのがおすすめです。

 

  ●ヤミ金相談実績ならトップクラスで全国対応
  … RESTA法律事務所
  ●テレビ、新聞の相談でお馴染みのベテラン
  … サルート法律事務所
  ●ヤミ金被害救済に特化したスペシャリスト
  … エストリーガルオフィス

返済できなくなってしまったら

借金地獄から脱出できず呆然とする

借金を返せないという状態にすでになっているなら、これ以上頑張りすぎないで借金を返済できる金額まで減額して返済することをおすすめしたいのです。

 

なぜなら今後、給料が増額するなど収入が増える見込みが立っているなら別ですが、そうでなければ一時的ながんばりに終わってしまいまた元通り返済が止まって行き詰まるのは目に見えているからです。

 

 

それには債務整理をして、いままでに払い過ぎている利息(いわゆる過払い金)を取り戻し、残った借金を減らすのがベスト。

 

 

借金の返済ができなくなりその状況を続けていると、ただ借金地獄で苦しむ時間が長くなるだけだと身を持って実感しました。
事態が良くなっていくことはなく、逆に時間が経つにつれて、状況は悪くなっていくだけです。

 

返済の求めを無視し続けると、ついに貸金業者から一括返還請求が来ます。
ただでさえ返せないものを一括でとは非情な手段ですが、貸金業者の側から見れば当然と言える要求です。

 

この先は、取り立て、裁判所への起訴、強制執行(給与、財産の差し押さえ)など事態は悪くなっていきます。

 

ここまで来たらどういった手を打って借金地獄から脱出するべきか相談をしなければ自分一人での対応は限界です。
相談の相手は専門家、つまり借金問題解決のプロである、弁護士、司法書士です。

 

減らして返す、さらに無くなる可能性も

借金地獄から脱出して晴れ晴れ

もしむかしから長期間、借金の返済を続けてきたなら、きっと過払い金が発生していると思います。

 

つい最近まで放置されて生きた高額なグレーゾーン金利が違法とされて、余分に払った人から請求されれば返さなければならなくなったのが、過払い金というもの。

 

 

このグレーゾーン金利のせいで長い間借金地獄から脱出できず苦しんできた人はきっと多いはずです。

 

過払い金請求はいわゆる債務整理ではありません。しかし、多重債務の状況で長年返済を続けてきたのなら、債務整理と同時に過払い金がないか調べて貸金業者に請求するものです。

 

ひとつだけ注意すべきなのが、過払い金はこちらから請求しない限りは戻ってこないということです。

 

だまていても、向こうから自発的に返すことはありえないのです。

 

なので、こちらで改めて計算し、払い過ぎた金額を業者に請求し、業者がそれに応じることで戻って来るお金です。

 

過払い金とさらに借金の元本を減額してもらうなど交渉して無理なく返せる金額になるように減額することを目指していきます。
また、過払い金がたくさん戻ってくると現在残っている借金がゼロになりなくなってしまうケースもあります。
それでも返済が困難と判断した時に初めて自己破産という選択肢もでてきます。
そのための調査、手続き、交渉をするためにも法律家の助けを借りなければ現実的には無理なのです。

 

いきなり地元の法律事務所まで出向いて行くのは抵抗があるという方におすすめなのが、無料でできるメール相談。

 

ここではあなたの借入金額から簡易的なシミュレーションができ、弁護士と無料のメール相談ができます。

 

24時間いつでも名前を出さずに匿名で利用できるのでぜひおすすめです。

 

匿名・無料でいちばん手軽にできるメール法律相談はこちらです。

 

>街角法律相談所無料シュミレーター匿名申込

更新履歴

このページの先頭へ戻る