月別アーカイブ: 2014年12月

キャッシング返済とリボ払いについて

キャッシングが身近な存在になっている近年では、返済の仕方も色々なものがあります。かつては、カードを使ってキャッシングを利用した場合、翌月に一括で返済をするというスタイルが一般的でした。しかし、近年はリボ払いや分割払いなどの方法があり、キャッシングの返済に活用しているという人も多く、利便性が増しているといいます。高い買い物をした場合でも、リボ払いでの返済であれば、返済がしやすく、安心して利用できます。リボ払いをする時には、月々の返済金額をいくらに設定するかを選ぶことができます。カード利用金額が高額でも、月々の負担を軽くして継続的な返済をしやすくすることができます。毎月いくらの返済をしていくかを一律にすることができますので、返済プランが決めやすくなります。月々の返済金額が急に増えたり減ったりということはないので、一定した生活環境を維持しておけます。ただし、リボ払いでの返済を少ない金額に設定しすぎていると、いつまで経っても元金を減らすことができなくなってしまいます。翌月一括払いで返済をする時は、借入期間もそう長くはなりませんので、結果的に利息も少額で済みます。ですが、漫然とリボ払いを利用していると、完済までに時間が随分長くかかってしまうことになりますので、返済が難しくなってしまうのです。リボ払いで返済をしている間は、毎月の返済が楽にできるために、つい軽い気持ちでどんどんとカード決済をしてしまうことがあります。そのうちに、カードを使ってお金を借りているという認識が薄くなり、自分のお金を使っているようなつもりになってしまう人もいます。リボ払いには利点もありますが注意点もありますので、完済まで行き当たりばったりのキャッシングにならないようにしましょう。

キャッシングの返済とは

お金を借りたはいいけれど、いざ返済という段階になって返すためのお金が調達できないという人がいます。キャッシングの返済プランを立てる時に、気をつけるべきことはどういったものでしょう。シミュレーションサイトを参考にしながら、キャッシングの返済計画をたてるといいでしょう。借入金や金利を入力すると、完済までのシミュレーションをしてくれるサイトが、多くのキャッシングサイトにあります。まずはこのシミュレーションを利用して、無理のない返済プランを考えましょう。思いがけない出費があると、順調に見えていた返済が困難になることがあります。不測の事態が起きないように、できるだけお金のかかりそうなものはピックアップして確認しましょう。日々の生活に必要なお金に支障が出るほど返済のためにお金を使っていると、返済ができなくなってしまうということも起こりえます。キャッシングの返済に手一杯になって、生活費が枯渇してしまっては、いずれ暮らしていくことができなくなりますので要注意です。また、思いがけないトラブルが発生して、お金を支払わなければならなくなった時に対応ができなくなるでしょう。返済に回すお金もなく、生活費も足りないからと、違うキャッシング会社からまたお金を借りていると、借金がふくらんで取り返しのつかない状況になります。例えば事故や病気で急にお金が必要になったという場合は、事前に予期して対処ができるというたぐいのものではなく、予防措置にも限度があります。思いがけない事態が生じて、お金が必要になった時に対応ができるようにするためには、キャッシングを利用する時にも余裕のあるプランをつくることです。

おまとめローン

おまとめローンとは、どのような特性のあるローンのことでしょう。いくつかのローンを、より金利の低いローンにまとめてしまうこものが、おまとめローンです。月々の返済負担を軽減し、返済総額を減額することができることがおまとめローンの特徴です。毎月、何社もの金融会社から借りたお金を返していると、返済の手続きだけで疲れ果ててしまいます。各社のローンをおまとめローンで一本化すると、元金をどんどん少なくしていけます。おまとめローンにすることによって、月々の返済額のうち元金返済に回される金額が増大するという利点があります。おまとめローンによって、今借りている融資を一つにまとめることで、完済がよりやりやすくなります。せっかくおまとめローンをしたくても、まとめきれないローンもありますが、心配はありません。借入件数が多すぎたり、融資限度額に達しない等のことから、おまとめローンに入れられないこともあります。こつこつと返済を続け、他社借入件数を少しでも減らすことで、信頼性のある客として認めてもらいましょう。おまとめローンの審査を通貨し、返済を終了できるように、目の前の返済をきちんと行うことです。3社以下の金融会社からの借り入れになるようにします。他社借入件数が5件以上あるという人は、低金利のところや、借入金額が少ないところから重点的に完済をしていくといいでしょう。おまとめローンを利用する時には、下準備が必要なときもあるのです。

インターネットキャッシングのデメリット

キャッシングがインターネットからできるようになりとても重宝していますが、注意点は何があるでしょう。手続きが簡単で、融資までがスピーディなのがインターネットキャッシングの良さですが、そのために利用しすぎてしまうという人もいます。手軽に融資が受けられるという点は、普通に考えれば素晴らしい点であるといえます。しかし、それが原因でついついインターネットキャッシングを利用しすぎてしまう人もいます。手持ちのお金が足りないのでキャッシングをしたいと思ったとしても、手続きが煩雑で時間がかかると、別な手段を探すこともあるでしょう。インターネットでの申し込みの場合は、簡単にキャンシングができてしまうので、また次も借りようと思ってしまいがちです。借入限度額が高く設定されているインターネットのキャッシングの場合は、念のためにと多めに融資を受けるという人も少なくないといいます。何回も借りて、返してというお金のやり取りを続けていると、いつかは返済が難しくなってしまう時が来るでしょう。インターネットキャッシングを利用する時には、無理なく返済できる範囲での借入に留めることができるよう、返済の見通しを立てることです。不必要な融資は受けず、どうしても必要なお金だけを借りるようにします。利用しやすく、気軽に申し込めることが、インターネットキャッシングの強みです。ついつい借りすぎてしまうので、インターネットキャッシングは返済の計画を立てて、返済不能にないよう慎重に利用しましょう。

低金利で融資が受けられる銀行系ローン

様々な金融会社がありますが、できるだけ低金利でローンを組みたいという時は、銀行系を利用するといいでしょう。銀行系の金融会社とは、母体が地方銀行や都市銀行の金融会社です。銀行系グループ内の金融会社が、個人へのローンを取り扱っていることもあります。消費者金融系や、信販系の金融会社と比べた場合、銀行系の金融会社は低金利でローンを組むことができるという魅力を持っています。銀行ならば、口座を持っていたり、給与振り込みや支払いに使っていたりという人もたくさんいます。銀行自体は身近な存在であるため、銀行系ローンを利用することは安心感を持つことができるでしょう。消費者金融業は競争が激しく、新聞やネット、テレビコマーシャルでは、工夫をこらした各社の宣伝活動が熱心に行われています。金利や貸し付け上限額、審査の判断材料などは、金融会社によって差があります。銀行系は資金力のある銀行がバックについているため、低金利で高い利用限度額での融資が可能です。銀行系の金融会社は、メジャーな消費者金融会社と並ぶ人気があります。ネットから申し込み手続きができるようになり、ローンが初めてという人でも申し込みやすくなりました。今まで消費者金融会社からお金を借りてきたという人でも、低金利の銀行系ローンに切り替える例もあります。低金利の融資であるからには銀行系ローンの審査はきついと言われていますが、実際はそれほどでもないとも言われています。

消費者金融から融資を受けるデメリット

短時間で審査が終わり、速やかに融資を受けられることが消費者金融のメリットですが、では、消費者金融の弱点はどこにあるでしょう。消費者金融は融資が早いことがメリットですが、その一方で、気にしておきたいことがあります。金利の高さです。即日融資の借り入れにつく金利は違法ぎりぎりの高さなのです。軽い気持ちで融資を受ける人も少なくありませんが、きちんと金利を確認しているならば、そうそう気軽に融資は受けられないでしょう。金利を意識させないようにしながら、消費者金融は融資をしています。利用者に説明しないのではなく、表現を変えて返済額がそれほど膨らまないかのようにうまく説明しています。スピーディな審査で手軽に融資を受けられることを宣伝しつつ、金利面には極力触れないようにするような宣伝の仕方をします。よくよく探さないと、金利や返済についての説明は見つけられないということもあります。消費者金融会社から融資を受ける場合には、マイナス部分をいかに見つけられるかがポイントになってくるのです。消費者金融会社としては、短い期間でたくさんの人がお金を借りて、効率的に収益を得ることを目指しています。審査が早く、申し込むとすぐに融資が受けられる消費者金融は、お金を早く用立てたいという人がすぐ飛びつきやすいですが、そのせいで、金利や返済のことを考えることが後手に回りがちです。消費者金融会社の融資を受ける場合にはしっかりと金利をチェックし本当に融資が必要なのか考えて利用するようにしましょう。

軽でキャンピングカー

最近アーリーリタイア組の間で軽自動車のキャンピング仕様が人気だそうです。
軽自動車のワンボックスと言えば、イベントなどにたこ焼き屋とかフラッペとかを売っている
移動販売を思い浮かべるのですが、この軽自動車のキャンピング仕様は
とても便利そうで、この車があれば車中泊でどこでもいけてしまうので
とてもいいなと思いました。
改造費も80万円台からあり中古の軽自動車を買ってキャンピングカーに改造すれば
普通車買うのと変わらない金額でできてしまいます。
私自身アーリーリタイアにはまだ少し早いですが、
車に乗って日本全国を旅するのも夢の1つなので
こういったキャンピングカーで移動しながら各地を回るのもいいですよね。
軽自動車なので維持費も安いしコンパクトで小回りも効くし、大人の贅沢な楽しみという感じです。
若いころは車を乗る時はスポーツカーや排気量、馬力などを考えながら
いかに早く走るかを考えていましたが、家族が出来て、3列シートがよかったり
荷物が入る大きめのワンボックスカーがよかったりしますが、
子供も大きくなって少しは自分たちの時間を持てるようになると
自分のために楽しめる何かを探そうとします。
そうすると車の趣向も変わってきて自分たちだけで楽しめる物を求めると
こういったキャンピングカーみたいな物になるのでしょうね。