月別アーカイブ: 2018年1月

債務整理は自分に合ったものを選びたい

よく「破産」などと言いますが、借金の整理の手続きは3通りあり、周囲に知られにくい任意整理、大幅減額の可能性がある個人再生、それと、借金が帳消しになる自己破産となります。

どれが一番良いかはさておき、任意整理と個人再生では、安定収入のない人は手続きできません。

個人再生における再生計画や任意整理の和解交渉は、債務の総額を減らすためのものであって、どちらも返済しなければならない借金は残っています。 払い続けていくためにも安定収入は欠かせないものなのです。

法務事務所や法律事務所に借金の整理を依頼しようとして、拒否される場合があります。

これまで債務整理を手がけたことがない司法書士や弁護士なら断る可能性はありますし、自己破産で資産の隠匿を相談したり、借金の発端が持とで免責決定が得られ沿うにないときなどが考えられます。 断られた所以が経験の有無だったら、最近増えている借金の整理に特化した法務事務所や法律事務所というのを捜せば良いのです。

昔は電話帳や看板を頼りに探した沿うですが、今はウェブでも手軽に検索できます。

もし、任意整理や個人再生をするのだったら、債権者の同意が必須です。

まず、任意整理では、1件ごとの債権者が対象になるため、個別に同意を得る必要があるのですが、任意であることに変わりはないので、債権者の中には交渉に応じないものもあるでしょう。個人再生のケースでは、複数の債務が対象になります。

けれども、半数以上の債権者の同意を得なければなりません。
任意整理で和解に達しても、返済すべき債務は残ります。

手間暇かけて借金の整理をして、やっと和解に達したのに、債務あまり縮小できなかったりするパターンもあるようです。ですから、任意整理を選ぶかどうかは十二分に考えることが大事です。債務を整理に関する相談を無償で受け付ける弁護士事務所なども存在しますし、プロの意見を聴きながら対策をたてるというのも手です。