月別アーカイブ: 2018年7月

キャッシング審査に通らない原因について

今すぐに買いたいものがあるのに、手持ちの現金に余裕がなく、収入のめどもまだまだ先という場合があります。
そんな時、キャッシング会社から融資を受けることができれば、身近な人と金銭の関わる関係にならずに、お金の問題を解決することが可能です。
以前はサラ金とも呼ばれ、借金は膨らんで首が回らなくなるものという印象もありましたが、今ではインターネットからの気軽な申込みもできて、軽い気持ちで利用ができるサービスとして定着しつつあるようてせす。 キャッシングできるカードさえ作っておけば、真夜中や早朝でも簡単にキャッシングできるので、いざという時はとても便利です。
ただし、申込みさえすれば誰でも利用できるというものではなく、事前の審査をパスしなければ融資は受けられません。
審査の基準は金融会社によって違いますが、審査をクリアできずにお金を借りられない人もいます。
そういう場合は、何が原因になってキャッシングの審査を断られたのか、推測をしてみるといいでしょう。
現在の企業に勤務してからまだ短いという人は、審査に落ちるという場合があります。
転職後間がないという人は、収入があってもまだ安定しているとは判断できないため、審査ではマイナス評価になります。
ある程度の期間勤務してから、キャッシングに申込むようにしましょう。
かつて、返済を滞らせたことがある人や、他社借入件数が多い人は、審査で断られる場合があります。
せっかく申込みをしたのに審査を通らなかったという人でも、融資希望額を減額したり、他社からのキャッシングを返済し終えてから申し込み直すことで、審査に通ることもあります。

低金利のおまとめローンを利用する

おまとめローンを借りる時には、銀行のローンのほうが低い金利で借り入れることが可能です。
数あるローンの返済に困っている場合には、おまとめローンによって一本化することによって、きっちり返済することが可能になります。 キャッシングを利用している人の中には、複数のキャッシング会社から同時にお金を借りていて、どこにいくら返したか混乱しているという人もいます。 3社も4社もローンを利用していると、1カ月に何回も返済日がやってきますので、ローンに追い立てられるような状態になります。 何社からも借り入れていると、返済の進み具合を確認するだけでも手間ですので、おまとめローンを使うといいでしょう。
大口の融資になると、ローンの金利は低くなりますので、小口のローンを複数利用するよりは、大口のおまとめローンのほうが低金利です。 おまとめローンにすることで、返済金額を1カ所にまとめて、借入金利を低く設定してもらえることがあるので、返済負担が軽減されます。 いくつかのローンをおまとめするのは、銀行か消費者金融のどちらにするか悩みますが、一般的に金利は銀行の方が低く設定されています。 複数の金融機関から借りたお金の合計金額が高額すぎて、消費者金融会社では一本化できるところが見つからないこともあります。
消費者金融機関のおまとめローンを利用したいと思っても、借入金額が年収の1/3以下でなければいけないという総量規制に抵触してしまうこともあります。 その点、銀行のローンは総量規制の対象になっていませんので、審査を突破することができれば、おまとめローンを利用することが可能になります。 低金利の銀行からまとまった金額を借りることで、他社のローンのおまとめが可能になるという借り方は、返済の利便性が上がります。