月別アーカイブ: 2018年10月

カードローンの金利と注意すべき点

カードローンの金利と注意すべき点についてです。
カードローンは、気軽に小口の融資が受けられる便利な存在ですが、金利をチェックする時に留意しておきたいことがいくつかあります。 カードローンの広告などで金利の低さをアピールしている広告をよく目にすることがあります。
金利を検討することは、カードローン選びではとても大事ですが、表示を正しく読み取るために理解しておきたいことがあります。
金利が3%という表示であったローンだとしても、実際には金利3〜8%といった具合に、幅のある場合も少なくありません。
金利条件にひかれて審査の申し込みをしても、広告に表示されていた金利ではなく、それより高めの金利になることがほとんどです。 審査結果によってカードローンの金利が決まるので、よほどの人でなければ一番低い金利で貸してくれることはないので注意が必要です。 借入時に取りきめた返済日までに借りたお金を返せなかった場合、遅くなった分だけ金利が高くなり、返済金額が増えることがあります。 遅延損害金と呼ばれるもので、金利がどのくらいになるかはカードによって異なりますが、ふつうは借り入れした時の金利よりも随分と高い金利が適用されますので要注意です。 銀行系の金融会社からカードローンを借りると、金利が返済途中で変わる可能性があります。
経済情勢によって金利の変更が行われるので、申し込み時の表示金額より高くなることがあるので気を付けなければなりません。
金利に関する情報収集をきちんとした上でカードローンを利用することが、お金を借りる時には重要です。

学費の支払いに利用できるローンの金利について

学費のために借入れできるローンを取り扱っている金融機関はいつくかありますが、どのようにして選べば良いのでしょうか。
複数のローンを比較検討する際に金利は気になるものですが、金利だけでなくほかの条件についても調べておく必要があります。
インターネットでは、金融会社のローンを比較しながら一覧にまとめているサイトがあり、より低金利で借りたいという人にとっては便利です。 子どもが社会に出るまでに必要な学費は個人差がありますが、できるだけ早いうちから積み立てておいたほうがいいでしょう。
準備していた学費だけでは、不足してしまうこともあるようです。
遠方の大学に行くことになったり、私立で専門性の高い学問を学びたいということになれば、学費もかかります。
想定外の事態になり、どうしても教育ローンなどでお金を借りて学費を用意せざるをえないことがあります。
どの教育ローンにするべきか考えるときに、ローンの表面上の金利さえ低ければよいというものではありません。
返済ペースに余裕がある時は、多めに返済して完済までの期間を縮めたいと思う時がありますが、そうすると手数料がかかることがあります。 一見、金利が高めに設定してあるように見えても、同じ金融機関で住宅ローンを利用していると金利が低くなることもあります。
ローンを組んで、学費に充てたいという場合は、金利だけで貸付条件を比較するのではなく、総合的に判断することが、後々になって意味を持ちます。 もしも学費が足りなくなった時には、どういう借り方をすれば後々トラブルが起きずに済むのか、十分に検討をすることが重要になります。