キャッシングの審査に落ちてしまう原因

投稿者: | 2019年1月18日

どのキャッシング会社でも、審査でOKが出なければ、お金の貸し付けは行いません。
どういった人が、キャッシングの審査でNGをもらうのでしょう。
正社員として働いており、月々の収入が高めな人でも、キャッシングの審査に通らないことがあります。
大手の企業でバリバリ働いているような人でも、勤めてから数ヶ月だと、審査では断られます。
勤続年数が少ない場合は、キャッシングの審査の上では、まだ安定した収入が得られているとは言えないことになります。
しかし勤続年数が半年以内といった短い場合には、辞めてしまう可能性が高いと判断され、評価が下がります。
この他、審査で不利に判断される材料としては、融資の希望金額が高額で、月収とのバランスが悪い場合があります。
総量規制という貸し付けサービスに関する決まりがあり、金融会社から融資できる金額は、年収の1/3までとなっているためです。 申込時の書類内容に、不備や虚偽がある場合は審査ではマイナスに評価されます。
案外このパターンは多いようです。
キャッシングの審査では、会社名や、会社の住所、勤続年数などを正しく書かなければ、事実と照合された時に虚偽内容と判断されます。 キャッシングの申込みを一社ずつ行わず、ほぼ同時に何社かに申し込んでいると、審査の段階で見抜かれて、お金の不安がある人物と見なされます。 キャッシングの申し込みは余裕を持って、再審査を受けるならば最低でも1ヶ月は待つようにしましょう。