借金 地獄 脱出

借金問題解決の決め手

返すお金がなくなりそうです

 

債務整理は借金問題解決の決め手となるものです。借金による悩みの最終的な解決手段といえば良いでしょうか。

 

企業でも営業資金など借金ができなくなり手形が不渡りになると倒産ということになりますよね。

 

個人でも同じでもうこれ以上借金の返済を続けていくことはできない、となると破産を宣告して返済を免れることができます。

 

借金をすべて棒引きにしないまでも、借金を減らして返すことが可能な金額を返済したりすることもできます。

 

実はこういった行為は破産も含めてみんな「法律で認められていること」なのです。

 

 

これがいわゆる「債務整理」といわれていること。

 

思いもよらず大きな借金を抱えてしまった。返せると思っていたのに収入が大幅に減って返せなくなった。本人や家族の病気などの事情で働けなくなってしまった。

 

借りたお金を返せなくなる事情はいろいろありますが、実は結構身近に起こり得ることです。

 

私の場合は自分で始めたネットワークビジネスの運転資金としていくつもの消費者金融から借り入れ、返済に行き詰まってしまったことが発端でした。

 

 

自分のケースはほとんど自業自得といえるほどいい加減で甘い見通しで商売を始めてしまったのが原因です。

 

しかし、先に紹介したような予期しなかったトラブルで借金を返済できなくなることは本当に珍しいことではありませんし、借金している人であればいつ陥っても不思議ではないこと。

 

債務整理とはこんな状況に陥ってしまった人のいわば最後の救済策です。

 

債務整理はひとつじゃない

 

債務整理と呼ばれる手続きは「過払い金返還請求」「任意整理」「個人再生」「自己破産」の4種類があります。

 

債務整理とは4つの手続きの総称であり、実際に債務整理を考えている場合、この4通りの中から自分に最適な方法を選んで行います。

 

4種類の他にもうひとつ「特定調停」という方法もありますが、この方法は債務整理のすべての手続を自分でやらなければならないため、あまり一般的な方法ではありません。

 

過払い金返還請求

 

法律で定められた利息の上限を超えて、違法に貸し付けていた貸金業者に対して返済のために払い過ぎていた利息を戻すように求めることができます。

 

このような違法な貸付はテレビCMなどでおなじみの大手消費者金融でも過去に行われていました。

 

過払い金が返還されることで、残っている借金の金額が減ったり、借金がなくなってしまい反対に手元に現金が戻ってくる可能性もあります。

 

任意整理

 

任意整理は貸金業者との交渉によって借金を減額したり返済方法を変更することで返済可能な金額にすることです。

 

借金の全額は免除されませんが、過払い金返還請求を同時に行うことで相当の減額を期待できます。

 

ただし、いわゆるブラックリストに5年ほどは記録されて、その期間はローンやクレジットの利用はできなくなります。

 

個人再生

 

個人再生が選ばれるケースは債務整理はしたいがローン返済中のマイホームがある場合。

 

裁判所に申し出て再生計画を提出し、認められると大幅な借金の減額が認められます。住宅ローンは今までどおり返済継続し、マイホームを手放さずに維持することができます。

 

ブラックリストへの登録、手続きが長期間で費用がかさむ、官報への掲載など、相応のデメリットもあります。

 

自己破産

 

自己破産は裁判所に借金の返済ができなくなった旨を申し立て、認められ免責許可されると、債務(借金)のすべてが免除になります。

 

すべての借金返済の義務がなくなる究極の債務整理ですが、それなりのペナルティーはありますから問題がないかよく考えて踏み切るべき。

 

保証人へ請求が行ったり、高額な財産のほぼ全部を処分する必要がある、特定の職業に一時的に就けなくなるなどのペナルティーがあります。

債務整理とは記事一覧

借金問題を解決する決め手になるのが債務整理。返済できる金額以上に借金してしまったとしたら債務整理をするのが現実的な解決法といえます。。債務整理とは、約定通りに返していたら返済しきれない借金を、法律で定められた方法により、利息をカットして元本だけ返済するとか、借金そのものを減額するなどの特例措置の総称です。そして、この手続きを進めていくうえで必要になるのが、弁護士や司法書士であり、彼らが債務者に代わ...

債務整理をすると信用を失うことは説明しましたが、具体的には、個人であれば個人信用情報機関に登録され、法人の場合は帝国データバンクの事故情報に登録されることになります。債務整理をすると、最短5年、最長10年間は新規の借り入れが出来なくなるというのは、これらの信用情報機関にその情報が登録されるためなのです。債務整理の手続きの初期の段階で、弁護士から債権者に対して債務者がなんらかの清算状態に入る旨の通知...

債務整理をすることのデメリットは、社会的信用の失墜にあります。一定期間は新規の借り入れが不可能ですから、消費者金融のローンカードなどは当然として、その他のローン契約についてもまず無理だと思っておいたほうがよいでしょう。ここまでは当然と言えば当然なのですが、そのほかに、他人のローン契約の保証人を依頼されたとしても、保証人にはなれない可能性があることも知っておかなければなりません。これは、他人が契約す...

さて、ここまで債務整理の種類やその特徴、そして債務整理をすることのメリット・デメリットを説明して来ました。債務整理とは、本来なら契約にもとづいて返済していくべき借金をなんらかの事情で返すのが難しくなったときに、法の力でその借金を減額、あるいは全額ゼロにしてもらうことができる特例措置であることは伝わったかと思います。また、借金の圧縮という本来なら許されないはずの措置ですから、逆にデメリットもありこと...

債務整理の4つの手段のなかでも、特定調停を選ぶ段階になると、債務者の目指すところはよりはっきりとしてきます。簡単に言えば、借金の元本のみの返済で済むように要求することですが、実際には、借金をした当初にさかのぼって利息制限法の上限金利による引き直し計算を行い、それによって減額された元本を、分割で一定期間に返済していくことを目指すものです。特定調停は、債務者が申し立てることによって、裁判所の調停員が債...

最近、「借金問題解決」を謳うテレビ、ラジオのCMやインターネット広告、果ては折込チラシまで見かけることが多くなりました。中でも返済し過ぎた借金を取り戻しましょう、弁護士が債務者に代わって、過払い金返還請求という手段で解決します、というものです。どうしてこのような流れになったのでしょうか。これは、まず利息制限法と出資法という異なる法律により、貸金業者が設定できる利息の上限が2つあり、どちらを上限とす...