実は税金対策にも

投稿者: | 2015年2月15日

小さい頃から募金はなじみがあるものでした。
初めて募金をしたのが小学生の時で、赤い羽根募金と緑の羽根募金でした。
わずかなお金でもみんなが募金する事によって沢山のお金が集まり誰かの役に立つ事が素晴らしいなと思いました。
募金出来た事が嬉しくて名札に羽根をつけていたのを思い出します。
それから鉛筆や絵葉書を買う事によって売り上げの一部が募金されるというのが年に数回あって必ず注文していました。
高校生の時には学校のみんなで商店街の街角で街頭募金の呼び掛けを行いました。
通りがかる沢山の方が足を止めて募金箱にお金を入れてくれてとても嬉しかったです。
その集まった募金は福祉施設に寄付されました。
社会人になってからは個人での募金をするようになりました。
東日本大震災の時には携帯会社の型紙を購入する事で募金が出来るというタイプの募金をしました。
それからお小遣いサイトで貯めたポイントがそのまま募金されるという形の募金もしました。
これからも募金をしていきたいです。